9月 2014

You are browsing the site archives by month.

PepperTechFestivalへ行ってきました

ごめんなさい、最初に誤っておきます。めちゃくちゃ長文かつ自分語りでございます。

本日開催されたソフトバンクのロボット、Pepperの技術説明イベントPepperTechFestivalへ行ってきました。

恥ずかしながらはじめに僕のロボット経験値をお話します。

僕はロボットが好きです。

始めて読んだ漫画がドラえもんで、僕の中でロボットといって一番初めに思い浮かべるキャラクターは彼です。

10代前半の2000年前後の頃は丁度ロボフェスタとかロボデックスなんていう日本メーカーのサービスロボット展示会のような物が毎年のように開かれていた時代だったので、未来に彼らと関わりのある生活を夢見て小中学生時代を過ごしていました。

aiboが家にいる生活を憧れて、いずれQURIO(当時はSDR-4X)のような小型人型ロボットが生活に溶け込むだろうなと夢描いていました。

イベントの帰りに少し分厚いパンフレットと、おもちゃのロボット(おしゃべりピノ)を買って夢いっぱいに家に帰ったのでした。

しかし、その夢はそれから数年で現実味が無くなってしまうのです。各会場では「近い将来、もしこのロボットを売るなら〜」的な話をメーカーの方が話していたのに数年後にはそんなことなかったかのようにロボットブーム(のようなもの?)は消えていった。

いつまでたっても家の中のロボットは掃除しかしない。(持ってないけど・・・)

(映画の中では人を襲うほど高性能なロボットを作ってる会社なのに・・・)

ドラえもんみたいに、生活上必要不可欠じゃないけど、居ないと絶対寂しい。機械としてのロボットじゃなくて、友達になれるロボット。

唯一コンシュマー向けのロボットを販売していたソニーは見せびらかすように何処でもQURIOのデモライブをやっていたのにロボット部門自体が無くなってしまった。

僕が最後に彼の姿を見たのは品川駅に新幹線が止まるセレモニーでの姿だった気がする。

それからNAOが発売されたけど、日本じゃないし、英語分からないしで時々ニュースサイトに載る情報を追うくらいになっていた。

それから時は流れて、2014年、もうすぐ忘れかけられていた、どこの家にもロボットが居る未来がやってくるかもしれない。

 

さて、本題です。今日PepperTechFestivalへ行ってきました。

 

Pepperはご存知、我らが(なんで?)ソフトバンクが販売する世界初の感情認識機能が付いたコンシュマー向けヒューマノイドロボットだ。

今年の6月に舞浜アンフィシアターで発表会があった。かつてこの場所で行われていたシルク・ドゥ・ソレイユのZEDのように幻想的なオープニングで始まり、孫社長とPepperのデモンストレーションは息を呑むほどに美しい動きをする彼がそこに居た。

ストリーム配信を見ながら「あぁ、またあの手のロボットだ」と思っていた。かつてのロボフェスタ、ロボデックスがそうであったように、「見せるだけ」のロボットだと。

しかし、彼は違った、ソフトバンクは違った。孫さんは違った。Pepperを販売する・・・だと・・・・

しかも、198000円という破格の値段で売るという。

2000年台初期、カタカナ3文字のロボットを見に行った時、ノートパソコンと同じようなスペックだからそれ以上はしますね。と言われたのを思い出した。

それより安いではないか。カタカナ3文字のロボットは手もないし、すごい小さい。それより安いではないか。

しかも、誰でも開発できるというではないか。

そう、俗に大人と呼ばれる歳になった僕は幸運にもWEB開発をしている。ウホッ、あの子を開発できるだと。。。。(性的な意味じゃない)

これは小学生の時に夢見た未来を大人パワーで実現するしか無いじゃないか。

そういうわけで速攻PepperTechFestivalに申し込み、ありがたいことに当選させていただいたのでハセサンジタのです。

IMG_0022

会場はかなり広かったです。アナウンスによると600人以上居たらしい。

で、自分は幸運にも関係者席にすぐ後ろ、一番前に座れました。すごいラッキーだった。

午前中はHDMIさんのpepper5台を使ったパフォーマンスから始まり、キーノート、デベロッパープログラムの価格の発表。

このイベントに来る前からPeppr絶対買う。と決めていたのですが、なんと月々料金がかかるというではありませんか。

本体19,8000円

月額9,800円x36回

諸々合計566,640円

あれ、20万じゃなかったの・・・。と、愕然とした。なんという携帯しょうほ。。。。

月額料金はかかっても3000円くらいかなと見積もっていただけに、買うか買わないかものすごい悩んだ。(まあ、当選しないと買えないわけだが。。。)

最終的に「Pepperアプリ売って儲けるからいいもん!」という半ば強引な理由づけをして予約をしました。(iMac買った時もそんなこと思ってたような。。。)

僕の場合、WEB開発でうだつが上がらず、スマホアプリは乗り遅れて、ロボットははじめから関わりたいという気持ちも伴っていました。

改めてこうして文字に書き出すと高い。ただ、これから先、本当にロボットビジネスが立ち上がるとすれば、先行投資としては安いという無理やり自分を納得させることにしました。

まあ、どう考えても20万で作れるハードじゃないしね的な気持ちもあったりして。。。

デベロッパー先行販売に予約した中から200名が買えるそうです。果たして当たるか、外れるか。

で、お昼休みに入るのですが、な、なんとお弁当がでたのです!

ソフトバンクさん、なんて太っ腹なの!><

おにぎり2つに唐揚げまで付いてるんですよ!しかもお茶!お茶もつけちゃった!

正直丸亀あたりに食べに行こうかなと思っていたのですごい助かりました。

午後からはチームラボさんのパフォーマンスショーから始まり、nobiさん司会、石黒先生登場のトークセッションが始まったのですが、逐一面白かった。

石黒先生の話が興味深いっていう意味で面白かったのと、トークセッション出演の方々の掛け合いが。。。ね。。。。

で、いよいよ技術セッション、内容自体は以前Tweetしたのですが、8月の下旬頃にアルデバランのサイトからコレグラフ90日お試し版をダウンロードして触っていたので復習的に聞いていたのですが、実際にアプリを作るところをデモしてくれたのでより理解が深まったと思います。


技術セッションの後、再びトークイベントで、よしもとの方や1to10の方のお話を聞けました。Pepperのプロジェクト初期のお話を聞けました。

でかい3Dプリンターってそんなに高いんだーとか。

最後に懇親会会場で各社のデモをチラチラみて帰ってきました。

で、で、なんと、懇親会会場でまたお弁当がでたのです!今度はハンバーガーとサンドイッチ3種類から選べるというではありませんか!

しかし、ハンバーガーは瞬殺でなくなってたという。

僕はお腹の調子が悪かったので、もらいませんでしたが、ビールとか、ビールとか、お酒とかめっちゃ配ってた。

こういう場所に慣れていないので、一人心のなかで、すっげー、すっげー、気前すっげー。って思ってました。

で、帰ってきました。(うん。)

ちなみにUstream配信されていたようで、録画放送も見れるっぽいので興味のある方はぜひぜひ。

それ以外にもTシャツもらったり、SDKの入ったUSBメモリもらったりしました。(食い物と貰い物の話ばっかし。。。。)

IMG_0028

IMG_0036

IMG_0034

さあ、Pepper開発にとりかか。。。。。

その前に!

OYOYO-PROJECTではWEBで簡単にADVが作成できるアプリケーションの開発中です。

ADVサービス「KAGUYA」を使用した2つのサービスをまもなくリリース予定です。

(これが終わらないと始まらない!)

ぜひチェックしてください!!